ニュース内容

対象館 対象グループ 提供開始日 提供終了日
 生田     すべて   2017-12-25 00:00:00 2017-12-31 23:59:59
【生田図書館GalleryZERO】戦後経済復興を彩る新素材



戦後経済復興を彩る新素材 ―明治大学商品陳列館黎明期のコレクションから―

博物館商品部門の前身である明治大学商品陳列館(後に商品博物館と改称)は、商学部教員の研究グループによって1951年に設立された資料室がルーツとなる。当初の収集品の中心を占めたジャンルとして、国産初の化学繊維であるビニロンをはじめフェノール樹脂、ユリア樹脂などの合成樹脂といった新素材標本がある。それらは、日本経済が敗戦の痛手から立ち直り、高度経済成長期を間近に控えた時期、未来の希望が託された新素材であった。時代とともに商品の素材に対する評価は変わるが、新たな時代の幕開けを彩り、一時代を築いた素材の数々を紹介する。

■会期:2018年1月12日(金)~1月21日(日)
■時間:平日9:00-19:00、1/20(土)9:00-18:30、日・1/13(土)・1/17(水)10:00-16:30
■会場:明治大学生田図書館 Gallery ZERO
川崎市多摩区東三田1-1-1 044-934-7945
※一般の方もご来場いただけます(入場無料)。お車でのご来校はご遠慮下さい
<MAP>はこちら
■主催:明治大学博物館
■問合せ:明治大学博物館 TEL03-3296-4448


◆ギャラリー年間展示予定はこちら