ニュース内容

対象館 対象グループ 提供開始日 提供終了日
 全館     すべて   2017-12-21 00:00:00 2017-12-31 23:59:59
【中央図書館】ギャラリー「再発見!著名人でたどる御茶ノ水歴史散歩」展開催
中央図書館ギャラリーにて「再発見!著名人でたどる御茶ノ水歴史散歩」展を開催します。

江戸は、武士・町人あわせて百万人余りが住む、世界有数の大都市でした。

江戸城周辺は、江戸開府後四百年以上、政治経済、文化の中心となっています。

江戸城東北にある駿河台は、一つの丘となり神田川をへだて本郷台へ続きます。

かつては神田山とよばれ、江戸市中と富士山を眺望できる、絶好の高台でした。

本学校歌に「白雲なびく駿河台」「霊峰富士を仰ぎつつ」と謳われるとおりです。

さて、江戸の中心に隣接する駿河台は、どんな地域だったのでしょうか。

古来、ここにはさまざまな著名人が往来し、歴史の一コマを彩ってきました。

私たちも、そうした連綿とつながる歴史の流れの中に存在していると言えます。

そこで江戸から東京へ時が流れる中、この界隈に生きた著名人を点描します。

今回の展示では、駿河台に縁のある人物を、肖像・写真、景観、プロフィール、

関連図書・資料で紹介しました。

遥かなる時空を超えて駿河台界隈の歴史と文化に想いを馳せていただければ

幸いに存じます。

2017年12月

明治大学中央図書館