ニュース内容

対象館 対象グループ 提供開始日 提供終了日
 生田     すべて   2011-06-30 00:00:00 2011-03-31 23:59:59
計算錯覚学の世界 ―錯覚の鑑賞から創作へ―
目の錯覚の仕組みを数理モデルを通して探る研究と、その中から生まれた錯覚作品を紹介します。数理的手法を用いる強みは、錯覚の強さを数値で表すことができ、この数値を最大化したり最小化したりすることによって錯覚の強さを制御できると同時に、新しい錯覚作品を計算によって創作できることです。
さらに、錯覚の最小化による安全社会づくり、錯覚の最大化による新しい情報表現技術の開拓などへの応用も目指しています。

■会 期 2011年7月5日(火)~7月18日(月)

■時 間 [平日] 9:00~19:00 [土] 9:00~18:30 [日] 10:00~16:30
※18日(月)は休日授業実施日のため、平日扱いとなります。

■会 場 明治大学生田図書館 Gallery ZERO
川崎市多摩区東三田1-1-1(小田急線生田駅下車、南口から徒歩約10分)
TEL 044-934-7945
<MAP>

■主 催 明治大学先端数理科学インスティテュート 錯覚と数理の融合研究拠点

■問合せ 明治大学先端数理科学インスティテュート事務室
TEL044-934-7658

※一般の方もご来場いただけます。
※お車でのご来校はご遠慮下さい。